技術紹介

弊社では、得意分野の「精密挽物加工」や「精密切削加工」を中心に試作から、量産まで対応しています。お客様のご要望に決め細やかに対応します。

汎用旋盤加工

写真

機械に刃物をセッティングをし、手動で削りながら寸法を出すため、試作品や単品加工向きの機械です。
工具類の交換で加工が可能なため短時間で段取りができ、その上で精密な加工できるため、試作品や少量の単品加工、更には急ぎの生産に向いています。
小ロット品では、NC旋盤で精度を出した後に、汎用旋盤加工で外径、全長、ローレット仕上げ等を行うなど、必要な加工機械を選定することでコストを抑えることも可能になります。

webからのお問い合わせ

加工可能材質 鉄、ステンレス、アルミ、真鍮、銅、特殊鋼、樹脂各種、その他材質

汎用フライス加工

写真手動で金属工作物に平面削り、溝削りなどの機械加工・金属加工を行う工作機械で、卓上テーブルを「前後、左右、上下」に移動させ、固定している刃物を回転させ、加工を行います。
平面度、平行度、直角度、寸法公差等について、最少数十ミクロン単位まで精度を追い込むことができるのがフライス加工の大きな強みです。
熟練された技術を持った職人の作業によって、加工後に発生するバリやカエリの除去も同時に処理いたします。

webからのお問い合わせ

加工可能材質 鉄、ステンレス、アルミ、真鍮、銅、特殊鋼、樹脂各種、その他材質

ベンチレース加工

写真軽度の量産加工に適しております。旋盤にコレットという専用治具を取り付けることにより、素材の掴み傷を極力減らしつつ加工することが可能です。刃物の移動距離が短く、汎用旋盤加工よりも加工時間を大幅に短縮されるため、コストダウンを実現します。
また、市販のボルトの追加工および全長決め、パイプ品や穴あけ加工などにも最適です。当社のベンチレース加工なら、φ1〜φ30 製造可能、1/1000 mm台の精度があります。

webからのお問い合わせ

加工可能材質 真鍮(カドミレス材を含む)、ステンレス、アルミ、鉄等の金属類
樹脂、プラスチック類の非金属類

NC 旋盤加工

写真汎用旋盤では加工不可能な箇所を加工できます。テールストック付(商品の加工時にワークの先端を固定させて振れをなくす装置)の機械に対応し、長尺加工や、汎用等の機械では困難な外径ネジ切加工、内径のネジなどの加工を可能にします。このNC 旋盤にはチャッカー式、バーフィーダーによる長尺加工、ピーター式、複合CNC などとさまざまな種類がありますが、当社はひとつひとつの製品に合わせて適正な機械を選択し、対応しております。

webからのお問い合わせ

加工可能材質 真鍮(カドミレス材を含む)、ステンレス、アルミ、鉄等の金属類
樹脂、プラスチック類の非金属類

マシニング加工

写真汎用フライスでは加工不可能な箇所を加工できます。数種類におよぶ切削加工をこなせる工作機械です。備え付けの工具自動交換装置には回転工具が使われており、それにより工作物の付け替えなしで他種類加工を施しつつ、数値制御を行います。複合機の場合は、ロットやコストの合わない場合に、汎用旋盤やNC旋盤で加工を行った後、マシニングで穴加工やミーリング加工を実行し、一定の精度を確保しながら、コストダウンおよび小ロット対応を行っています。

webからのお問い合わせ

加工可能材質 真鍮(カドミレス材を含む)、ステンレス、アルミ、鉄等の金属類
樹脂、プラスチック類の非金属類

複合機

写真当社では、複合機での加工も可能です。複合機とは、NC旋盤にマシニングセンター機能の付いた機械のことです。従来のNC旋盤にある機能と、MC(マシニングセンター)にある機能の両方を持ち合わせています。複合機なら、一台の工作機械で、すべての加工を終えることができます。

webからのお問い合わせ

加工可能材質 真鍮(カドミレス材を含む)、ステンレス、アルミ、鉄等の金属類
樹脂、プラスチック類の非金属類

ワイヤーカット

写真 細いワイヤーを使って金属を加工する機械です。ワイヤー1 本で加工を行うため、曲線形状などどんな複雑な形状にも対応し、細いスリットなどの微細形状加工が容易にできます。
一般的には、薄板材の切り出しよりも、高度な加工精度が要求される金型や歯車、精密治具、焼入れ部品の後加工などといったブロック材からの加工に利用されています。金属を溶かして切断するので、加工物と接触しない非接触加工かつ溶融加工となることも大きな特徴です。
また、フライスやマシニングでの加工が困難な場合や、切込量が多く加工時間がかかる場合には、前加工として使用します。その他、深穴貫通加工のように精度を要求される加工にも対応し、外観を美しく仕上げることが可能です。

webからのお問い合わせ

加工可能材質 真鍮(カドミレス材を含む)、ステンレス、アルミ、鉄等の金属類

放電加工

電極と被加工物との間に短い周期で繰り返されるアーク放電によって、素材を切断する加工法です。主として、従来の機械加工技術では加工できなかった硬い金属を加工します。非接触加工なので、ワークにほとんど負荷がかかりません。そのため、切削などを施すことで金属組織を変形させたくない、という薄板の加工や、切削ドリルでは不可能な小径の穴の加工も可能です。また、エンドミルでは四角穴や六角穴などの加工で角にR がついてしまうため、その角出しの加工にも使用されます。

webからのお問い合わせ

加工可能材質 真鍮(カドミレス材を含む)、ステンレス、アルミ、鉄等の金属類

その他技術紹介

各種研磨(センターレス、平面研磨、インターナル、停止研磨、ラップ研磨)、熱処理(ズブ焼き、真空焼き)、表面処理(アルマイト、各種ニッケルメッキ、亜鉛メッキ、黒染等)、溶接、ロウ付け、(精密)板金加工・プレス加工・バネ加工・歯車加工及びその他の金属加工にも対応いたします。 お気軽にご相談ください。

製品やお見積りなどお気軽にお問い合わせください。TEL:03-5762-8066 FAX:03-5762-8062 受付時間8:00〜18:00 定休日:土・日・祝日 担当:丸山

▲ このページのトップへ

機械加工種類

  • 汎用旋盤加工
  • 汎用フライス加工
  • ベンチレース加工
  • NC施盤加工
  • マシニング加工
  • 複合機
  • ワイヤーカット
  • 放電加工

その他技術紹介

  • 各種研磨
  • 熱処理
  • 表面処理
  • 溶接・ロウ付け
  • 各種研磨
  • 熱処理
  • 表面処理
  • 溶接・ロウ付け